料金表

インプラント料金一覧

※表示料金は税込み価格です。

項目 料金(税込)
インプラント手術費(CT、薬代含) 21,600円
静脈内鎮静法 64,800円
フィクスチャー(オステム) 205,200円
フィクスチャー(ストローマン、ノーベル) 237,600円
GBR造骨(自家骨) 32,400円
GBR造骨(人工骨) 54,000円
サイナスリフト 1~2歯 216,000円
ソケットリフト 108,000円
プロビジョナル 32,400円
アバット(チタン) 64,800円
アバット(ジルコニア) 86,400円
上部構造 オールセラミック(前歯) 162,000円
上部構造 オールセラミック(臼歯) 129,600円
上部構造 メタルボンド 108,000円
上部構造 FMC 86,400円

保証制度について

保証制度について

患者様に治療後も不安なくお過ごしいただけるよう、自費診療の補綴物(セラミックの被せ物など)については保証制度を設けています。保証を受けていただくには一定の条件を満たしている必要があります。

保証条件

  • 当院が指定した自費の補綴物に限る
  • 少なくとも6ヵ月に一度の定期検診を受けている

保証期間

  • 3年…100%保証
  • 3~5年…50%保証

医療費控除について

医療費控除について

医療費控除とは

自分や生計を共にする家族のために、1年間(1月1日~12月31日)の間で10万円を超える医療費を支払った場合、確定申告をすることで一定の金額の所得控除を受けられる制度です。

医療費控除額
(上限200万円)
= 1月から12月までに
支払った医療費の総額
- 保険金などで
補填される金額
- 10万円
所得額の合計が200万円までの方は
所得合計額の5%

医療費控除の対象となる歯科治療

自由診療

入れ歯や被せ物に使用する金やポーセレン(セラミックの一種)は、歯科治療の材料として一般的なので、医療費控除の対象になります。

矯正治療

矯正治療を受ける方の年齢や目的などからみて、矯正治療が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。例えば、発育段階にあるお子さまの成長を阻害しないために行なう矯正治療などが該当します
しかし同じ矯正治療でも、審美性に重点を置き、美しく見せることを目的としている場合の費用は、医療費控除の対象にはなりません。

交通費

治療のための通院費も医療費控除の対象になります。小さなお子さまなど、通院に付き添いの方が必要な場合は、その方の交通費も通院費に含まれます。
通院費として認められるのは、電車・バス・タクシーなどの公共交通機関を利用したときの費用です。自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代などは、医療費控除の対象にはなりません。
通院日や交通費を、そのつどきちんと記録しておきましょう。

医療費控除の手続き

医療費控除の申請は、確定申告期間(毎年2月16日~3月15日)に所轄の税務署で行なえます。
下記のものを持参する必要があるので、準備しておきましょう。

  • 家族全員の1年間(1月1日~12月31日)の医療費の支払い額を証明する書類(領収書など)
  • 交通費のメモ(氏名・日付・病院名・交通機関・交通費・理由を明記)
  • 源泉徴収票(給与所得者のみ、原本のみ可)
  • 税金の還付を受ける銀行名・支店名・口座番号のメモ
  • 印鑑

詳しくは、 国税庁のホームページ「医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例」をご覧ください。

お支払い方法

自由診療の場合は、現金のほか各種クレジットカードでのお支払いも承っています。
お支払いに関するご不明点がありましたら、スタッフまでお尋ねください。

JCB、AmericanExpress、DinersClub、SAISON、UC、Discover、三菱UFJ、DC、NICOS、VISA、MasterCard